CakePHP 1.3のビューでヘルパーのコードを補完する for Eclipce PDT

標準

CakePHP 1.3になってからビューでのヘルパーの推奨される呼び出し方法が変わりました。

1.3以前

1.3以降

コントローラとモデル・コンポーネントの呼び出し方法同様に、$this(Viewオブジェクト)の要素としてヘルパーを呼び出すようになります。
なお、以前の呼び出し方法も使えます。

今回はこの新しい書き方をEclipse PDT上で補完する方法を紹介します。

以下のコードを、APP/libs 配下にcode_completion.phpとして配置します。

次に、各Viewファイルの先頭で

として、コードヒントを与えることでそのビュー内にてコード補完を行うことが出来るようになります。

追加のヘルパーがある場合はコード内、2箇所のPlugin Helpersのあたりに、それぞれ旧形式

新形式

として、コードヒントを追加してください。

提示するコード補完用のクラスではThemeViewを継承していますが、カスタムビュークラスを利用している場合は、適宜変更してください。

ちなみに上記方法は、NetBeansでも有効です。

参考:
Code completion in views with Eclipse PDT – cakebaker
Code Completion for CakePHP in Eclipse | Mark Story
Eclipse PDTでCakePHP開発、まず設定すべきこと – Writing Some Code

2 Comments

  1. Pingback: 管理人の日記~つらつらなるままに~ » Blog Archive » NetBeans + Cakephp Code Completion (コード補完)

  2. Pingback: CakePHP Skel Plugin – CakePHPプロジェクトのひな形 @ php-tips

コメントを残す

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin