NetBeans phpenv環境のphpunitを使う

標準

phpenv環境でNetBeansを使用している場合、phpunit等のPHPツールをバージョンごとに切り替えて使用する方法を紹介します。

phpenv環境のphpを利用する

「設定」>「PHP」>「一般」のphpインタプリタのパスを/usr/local/phpenv/shims/php等、phpenvのパスに設定します。

SS 2014-06-06 23.53.28

phpenv環境のphpunitを利用する

1. カスタムスクリプトを作成する

phpunit等のツールもphpenv環境のものを使用する場合、NetBeans 8.0ではそのまま(/usr/local/phpenv/shims/phpunit)を指定してもシェルスクリプトと認識されず、うまく動作しません。

そこで、拡張子.shを付けたファイルを作成します。

phpunit.sh

上記を、/usr/local/phpenv/bin/phpunit.shなどとして作成、実行権限を付与します。

※xdebug用の環境変数を付与しています。

phpunit-skelgen.sh

phpunit-skelgenも同様に作成します。

2. カスタムスクリプトを指定する

「設定」>「PHP」>「フレームワークおよびツール」からPHPUnitを選択し、上記で作成したスクリプトのパスを指定します。

SS 2014-06-06 23.53.48

その他のツール

PHPCS、PHPMDなどツールについても、このように拡張子.shのスクリプトファイルを用意することでphpenv環境のものをNetBeansで利用することができます。

(本当は、NetBeansがファイルのshebangを見て判別してくれると良いのですが。

コメントを残す

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin